Thursday 
comment (0)
trackback (0)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Monday 23:49
comment (0)
trackback (0)

物語の切り口

最近、自分の4への情熱が空恐ろしい私です(笑)ホントにもう、なんでこんなに好きなんでしょうね(聞かれても…)
根っからのオタクなので、今までハマったジャンルは沢山あれど、4は色々「知りたい」と思わせられる作品です。4主が何を考えていたのか。では周りの人は?――と。

そして、どうも自分は「どうして好きなのか?」について鬱陶しいくらい考える性質なので、今日も語ってます。クドイです。
どちらかというと、4援護として発信したいのですが、鬱陶しい上にクドイので(二度目)サイトに引き籠もっていた方が身の為かもしれません。でも、言いたい気持ちもあるんだ!
続きを読む >>
Sunday 11:42
comment (0)
trackback (0)

突発絵茶

昨晩は絵茶に籠っていました。
遊びに来てくださった方々、ありがとうございました〜。
私、あまり夜更かし出来ない体質なので、大体一時半くらいまでが限界だと思います。
よーっし、覗いてみるか!と思われた方はその辺りで宜しくです。
守備範囲の広い管理人ですが、一応「幻水4の4周年絵茶」ってことなので、幻水1〜5・ラプソ界隈になると思いますよー。
――とか言いつつ、今回掴みは「うしとら」話でしたが(笑)

夏の修羅場の前にもうちょっと開催したいところですねー。


で。なぜか「萌え話」というより、考察してしまうのはなぜか。ホントに。
個人的に4主萌えの群島燃えではあると思うのですが、なぜだ(笑)
それでも楽しんで頂ければ幸いなんですけど、こう乙女な感じが足りないよね。
まぁ、求められてもいない気もしますが!(笑)


そうそう。おしゃべりしてて思い出したのですが。
4プレイ時、ブランドが最初に罰紋を発動した時の台詞が気になっていたんですよねー。
罰紋によって、騎士団とペックが死んで、4主だけが光に包まれて生き残るじゃないですか。
それを見てブランドが「貴様が……次の………か?」って言うんですよね。
(これは小説版ですが、ほぼ同じだったと思われます)

あの光ってお母さんかな?という視点しか思わなかったのですが、ブランドからすると。
スティールが罰紋を発動した時にエドガー達が死んで、自分(と半魚人化したペック)しか生き残らなかった。そして自分が紋章に寄生されたことを思い出しての台詞なんですかねぇ。
紋章が宿主の最後の命を喰い尽くす時、次の器をわざと残すってのは「有り」かなーって。
どうなのかなー。
Tuesday 19:30
comment (2)
trackback (0)

電撃ノベライズ下巻

とても今更なんですが、有り難いお言葉を頂いたので(気づきませんで!すみません)
幻水4小説下巻感想です。
世間様では話題は5真っ最中だというに、このブログ(笑)

なんだかんだ言っても言われてても好きなんだよなー、4。
※読み返したら、また追加するかもしれません。
続きを読む >>
Thursday 22:50
comment (0)
trackback (0)

流れに抗わず この身を捧げよう

幻水5と供に「幻想水滸伝4音楽集〜もう一つの世界」が届きました。
5が遊べないので、こっちを聞いています。
場の空気を読まないこのブログ……(笑)

うーん、名前入力まではやってみたいんだが、開封すると本が落ちる気がします。

ラプソの「群島の精鋭」つまり幻水4の「出航」が良い感じです。歌詞が。
歌は創作言語なので、なにを歌っているのか分からないのですが、訳がついていてね。
表題のがその一部なんですが、あれはーやっぱり4主のことなんでしょうか。うーん。

4はね、こう色々想像出来る余地があるところが好きです。
そうなのか、そうじゃないのか。それはとてもあやふやで、霧の向こうの事だけど、存在が感じられるっていうかね。


あと「運河の街」の多重コーラスが好きです。
波の様に重なって消えていく感じが、不可思議でいい。

静かな曲じゃないのに、全体的にまったりとのんびりする曲ばかりでした。
Wednesday 17:57
comment (0)
trackback (0)

幻水小説

下巻買いました。
例によって冬支度で忙しいので雑感。

描写するところはしっかり書いて、ぼかすところはぼかしてあって、ファンに優しい小説だと思いました。
主人公の名を呼ばれるシーンで
彼の名はオベル王子に名付けられただろうそれではなく、ラズリルのラズロなんだというのが興味深い。
その辺を深く切なく思ってしまいます。

また落ち着いたらちゃんと読みたいです。
個人的には良い小説でした。
宿星たちにニヤニヤしてしまう!
大好きだ。
Tuesday 20:42
comment (2)
trackback (1)

電撃ノベライズ中巻

さて、電撃版・幻水4ノベライズ中編!

お楽しみの帯は!(そこか)
勇者ただ今集結中!! 80/108

…ええと、108人集めると、黄金郷レジェンドラへの道が!?
(勇者シリーズ6作目「黄金勇者ゴルドラン」DVD-BOX発売中!)
すいません、只今勇者づいておりまして…。

そんな(微妙な)バカ言ってないで、本編をば。
定刻通りにただ今…(自主規制)
続きを読む >>
Thursday 21:22
comment (0)
trackback (0)

帰ってきたED考察

考察って程ではないですが、ラプソディアでの4主加入イベントを踏まえて考えてみた。
続きを読む >>
Monday 18:06
comment (0)
trackback (0)

今更E3ムービー視聴

えー、幻水5のムービーがどうのこうの言ってる昨今ですが。
やっと幻水4のE3ムービー、電撃付録ムービー、CMが見られましたのでその感想をば。

や! だって、前のパソコン(G3)じゃフリーズしてDL出来なかったんです。
G5を手に入れた今こそ、見ないで何を見るのか〜〜(宝の持ち腐れ)
続きを読む >>
Thursday 19:14
comment (2)
trackback (0)

幻想寄生獣?

そういえば、小説版の帯にはこんなキャッチフレーズ(?)が付いていたのでした。
その紋章は、寄生する
(小さく)幻想水滸伝シリーズ10周年!

…私はそんなゲームを遊んだ覚えはありませんよ!(笑)
レックナート様はちょっとホラーでしたが…いや、げふん。

寄生獣と10周年が一緒とは、やるな電撃(帯、大切にしよーっと。笑)
次回は「スノウ襲来!」とかにして欲しいなぁ。

と言う訳で、小説版感想再び。
なんか色々乗り越えた先には愛が!(笑)
続きを読む >>
Wednesday 19:36
comment (2)
trackback (1)

電撃ノベライズ上巻

電撃文庫って、発売日…とか言いつつ刷れたら即店頭に並ぶシステムなんですよね。
確か。

という訳で、さっそく幻水4小説上巻を買ってみました。
以下、ざっと読み流した感想(ちょっと時間に余裕がないもので〜)
続きを読む >>